家庭菜園<菜園の北側はキウイと温州みかん畑> & <夏野菜の植え付け準備> 2019年4月21-22日

Pocket

家庭菜園<菜園の北側はキウイと温州みかん畑> & <夏野菜の植え付け準備> 2019年4月21-22日:
畑の1/5は、高齢化対策として農作業軽減のためキウイ(雌株)4種類、温州みかん3種類(青島温州、温州、宮川早生)の果樹園に転換した。

キウイの棚は工事用足場に使用されている単管パイプで組み上げた。栽培面積はW6D5m。柿の木の下は、日除と雨よけのため天幕(キャンピングタープ レジャーシート )を貼った。

不耕起、無肥料、無農薬栽培のエンドウの栽培状況は定期的に報告している通り、生育は順調で花をつけ始めた。スナップエンドウは繁茂しているが、絹サヤエンドウはこれから成長?

スイカ以外は今年も前作物の黒マルチをそのまま使用して、株穴に苗を定植する不耕起、無肥料、無農薬栽培の自然農法、再開して今年で3年目。

西瓜予定地は、幅・深さ約40cmの溝を掘り、昨年の夏野菜の枯れ枝や野菜残渣等を埋め戻す予定。

原発事故以前は、畑の周りは空き地であったので焼却していたが、今では東側のみテニスコートで、三方は住宅地となったので、重労働ではあるが深い溝を掘り、埋め戻すこととしている。